East i(イーストアイ)を見にいこう!

East i(イーストアイ)を見るには?到着時刻の調べ方と注意点!【当日レポ】

East i(イーストアイ)を見にいこう!

私はこのやり方で、何度も見に行きました。

East i(イーストアイ)

時刻表には表示されないレア新幹線【East i(イーストアイ)】

鉄道好きにも子鉄にも大人気の検査用車両です。

お子様と一緒に実物を見てみたいという方向けに、East i(イーストアイ)を確実に見る方法をまとめました。

その他、見れなくなってしまうかもしれない注意事項などは、下記をご覧ください。

最後に、実際に見たレポートも書いています。

East i(イーストアイ)とは?

JR東日本の検測車です。

走行区間は幅広く、北海道・東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線の各区間の検測を一手に引き受けています。

プラレールにもなっている、新幹線区間を走るEast i(イーストアイ)の他にも3種類あり、JR東日本の四角いフォルムの「East i-E(イーストアイダッシュ・イー)」「East i-D(イーストアイ ダッシュ・ディー)」があります。

レイルラボ(RailLab)

「East i(イーストアイ)」とは、JR東日本の電気・軌道総合試験車(検測車)の愛称です。East iは全部で3種類あ…

East i(イーストアイ)を見る方法


①走行パターンを知る

規則性はあるので準備をすれば、
確実に見ることができます!

East i(イーストアイ)は、3日間かけて計測を行います

ですので、1日目の目撃情報があれば、2日目は確実に見ることができます

  • 目撃情報(1日目)があった翌日に行く
  • 本線検測か、副本線検測かを確認する
  • 見たい駅の到着予想時刻をチェック

詳しい走行区間・東京駅以外の到着予想時刻・運転日予測などは

コチラのサイトが非常に参考になりますので、オススメです。

鉄道ファンの待合室

ドクターイエローに比べて知名度・人気は落ちるものの、JR東日本だけでなく北海道新幹線・北陸新幹線でJR北海道・西日本にも…

②目撃情報の掲示板をチェック

ありがたいことに、鉄道好きの有志の方が目撃情報をあげてくださいます。

だいたい水・木・金曜に走ることが多く、土日祝には走行しないようです。


掲示板の見かた

貨物ちゃんねる(新幹線総合車両センターE926運用状況)様 より引用

http://kamo.apreed.com/uj-t_sesi926.html

上記サイトを開くと、このように表示されます。

例えば、上の表を見ると「2/26」に「1日目」とあります。

ですので、狙い目は「2/27」の本線計測2日目ということになります。

また、本線検測か、副本線検測かで発着時刻が異なります。

東京駅の場合の、2日目発着時間予測はコチラ ※3日目は東京駅には来ません

  ホーム 到着時刻 出発時刻
本線検測【A】 22番線 14:00 14:16
副本線検測【B】 21番線 13:20 13:32

要注意!副本線検測【C】

福島駅などを走る副本線検測【C】は運転頻度や目撃情報が乏しいため、

予想時刻表の精度が大きく下がるようです。

また、東京を通過しないルートもあります。

 

念の為、副本線検測【C】1日目の書き込みがあった次の日に東京駅に行ってみました。

13時前からホームで待機していましたが、イーストアイらしき表記はなく…

福島駅で目撃情報があったので、そもそも東京には来ない日だったようです。

どこで見る?オススメは「東京駅」

東京駅

East i(イーストアイ)の走行区間は幅広いので、日時さえ合えばどこでも見ることができます。

が、関東圏の子鉄には断然「東京駅」がオススメです!


オススメの理由① 通過ではなく、約15分停車する

東京駅は始発終発駅ですので、折り返し運転の間に数15分ほど停車します。

その間に停車中のEast i(イーストアイ)をじっくり楽しむことができます。

近くで見たり、写真をたくさん撮ったり…。

また、到着予想時刻に少し遅れてしまっても、発車時刻までに間に合う可能性が高くなります。

突然のトイレ宣言・謎のダダこねなど、

アクシデントが起きがちな子鉄には安心です。


オススメの理由② 他の新幹線・特急・在来線も見られる

のぞみ・はやぶさ・こまち・かがやき・つばさなどの新幹線や、

特急・在来線も見ることができます。

常に発着しているので、子鉄を飽きさせません。

また、毎回ではありませんが、ホームをウロウロしていると、

新幹線の清掃会社「TESSEI(てっせい)」さんから

子鉄向けのシールやポストカードがもらえることもあります。


オススメの理由③ プラレールショップがある

東京駅には全国に数店舗しかないプラレールショップがあります。

改札外になりますが、他のキャラクターグッズの専門店も多数あるので、

電車を見たあとに足を運んで見てはいかがでしょうか。

東京駅一番街

東京駅一番街のPLARAIL SHOPをご紹介しています。おもちゃは元より、子供服やお菓子などいろいろなグッズがいっぱ.…

また、日常使いがしやすいオシャレな鉄道グッズを取り揃えた

「TRAINIART TOKYO(トレニアート)」の店舗もあります。

JR東日本商事が運営する鉄道グッズ「TRAINIART」の公式サイト。「鉄道をもっと楽しむ」をコンセプトに、鉄道の魅力を…

③余裕を持って駅に向かう

時刻はあくまでも「予想」です。

時間ぴったりに来るとも限りません。

出来る限り余裕を持ってホームに到着するようにしましょう!

モバイルSuicaでは入場券が買えない!?

私は、うっかりiphoneのモバイルSuicaで入場してしまい、
発車時刻に間に合わなくなりそうになったことがあります。

JRを利用して駅に向かう方は要注意!

新幹線ホームの入場するには、改札内の券売機で入場券を購入するのですが、

モバイルSuicaでは、券売機で入場券を購入することができません。

その場合は、新幹線の販売窓口or改札外の券売機で買わなけれがなりません。

混雑時は長蛇の列に並ぶことになる改札内の販売窓口か、

一度改札を出て、券売機で入場券を購入しなくてはなりません。

ですので、JRを利用して駅へ向かう際には、ご注意ください。

East i(イースト・アイ)を見たよ!当日レポ

さぁ、準備はできたので
実際に東京駅に見にいきましょう!

掲示板の目撃情報を毎日チェック

イーストアイを見よう!と思ってから毎日掲示板を眺めました。

情報の少ない副本線【C】はスルーして…

数日して本線計測【A】の目撃情報があったので、翌日に東京駅に向かうことにしました。

前日にしか予定が立たないのが難点…

「切符」を買って東京駅に向かう

券売機

新幹線の券売機。

右下に「入場券」とありますので、ここから買えます。

以前の反省を踏まえて、自宅最寄り駅から東京駅までは「切符」で向かいました。

新幹線ホームへの入場券は、大人1人/140円です。

切符は6才から必要となり、1〜6才の子どもは切符は不要です。

大人1人につき2名まで無料ですので、複数兄弟がいる方は注意が必要です。

また、料金の区分は同じですが、金額は駅によって異なるのでご注意ください。


<東京駅の場合>

大人(12才の中学生以上) 140円(正規料金)
小児(6〜12才の小学生) 70円(大人の半額)
幼児(1〜6才の未就学児) ※大人1人につき幼児2名まで 無料 切符不要
幼児(1〜6才の未就学児) ※幼児3名以降 70円(大人の半額)
乳児(0才) 無料 切符不要

22番線ホームに行く

電光掲示板

時刻は13:53。この日は木曜日でした。

本線計測でしたので、22番線ホームに行きます。

「回送」表示になっていますね。

ドクターイエローやイーストアイなどの計測車両は「回送」として表示されます。

ちなみに、新幹線改札口は複数ありますが、

エレベーターでホームに上がれる改札口は一つしかありません。

ベビーカーをご利用の方はご注意ください!

東京駅の電光掲示板

さて、少し待つと「回送列車がまいります」との表示が!

きた!

きました!

息子は大興奮です!

ゆっくり記念撮影

TESSEIさんから戴いたポストカードを握り締め、ニッコニコの息子。

停車時間が15分ほどあるので、焦らずゆっくりと記念撮影することができます。

人が殺到する様子もなく、暗黙の了解で記念撮影が終われば、

場所を移動して次の人が撮影…と譲り合いながら記念撮影をしていました。

検測用のカメラも発見。

オススメ撮影スポット

新幹線ホームは長くても、車両は6両編成なので撮影スポットは少なめ。

いちばんのオススメは、もちろん先頭部分です。

このように、新幹線の顔やロゴと一緒に写真が撮れます。

場所は「南のりかえ口」の階段のあたりです。

東京駅ホーム

ちなみに、反対側の先頭部分はというと、

このように、柵が被ってしまうので、一緒に記念撮影は難しそう。

柵から身を乗り出さず、抱っこの状態で見るくらいでしょう。

あっという間に、さようなら

East i(イーストアイ)

楽しい時間もあっという間にすぎて、発車時間に。

また会おうねー!

East i(イーストアイ)を見たあとは…

入場券は入場後2時間までホームに滞在することができます。

その後もひっきりなしに新幹線が発着するので、しばらく眺めていました。

新幹線をひとしきり愛でたあとは、改札を出てプラレールショップ・トミカショップへ。

カルビーのお店でポテりこを食べて帰宅。

息子も大満足の一日でした。

まとめ
  • 時刻はあくまでも「予想」
  • レア新幹線ながら、有志のおかげでほぼ確実に見られる
  • 副本線計測【C】は要注意
  • JR利用の場合は、モバイルsuicaを使用しないように注意

East i(イーストアイ)が走る様子はYouTubeでも見れますが、

やはり実物の良さには敵いません。

前もって予定を立てづらいのがネックですが、

結構な頻度で走っているので、ぜひ駅にいって実物を見てください!

East i(イーストアイ)を見にいこう!
最新情報をチェックしよう!